• 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
馴れ初め①
こんにちは、マールです。
今日は、Tail's Garden の馴れ初めを書きます。

2009年の秋、チンチラの多頭飼い崩壊がありました。
マンションの一室に約50頭、とてもひどい環境でした。
その現場にレスキューに入り、オスとメスとを分けて、
保護することになりました。
マールは、レスキュー自体は入っていないのですが、
その後のメスの保護されているシェルターでボランティアを
はじめました。

シェルターでは、猫たちを里親に出すために、まずは
コンディションを整えて、それから人馴れの練習です。
この猫たちは、栄養状態が悪く、飢餓状態も続いたので
高カロリーのフードを食べると、下痢や嘔吐を繰り返していました。

c3166718e3ffaa901f63b97af238d75c.jpg
↑これは、シェルターに保護してからしばらくしたころの、
お食事風景。
1頭ずつ、ちゃんとお皿からご飯を食べることから訓練です。
はじめのころは、フードを口いっぱいに入るだけ頬張り、
ほかの猫のいないところへ持っていって食べていました。
食べることにこれほど必死になるなんて、これまで、
どれだけひもじい思いをしていたのだろうか、思うと
涙がでました。

手前のものすごくガリガリの子は、毛の状態が悪かったので
丸刈りにしています。
ほかの子は、一見ふっくらしているように見えますが、
みんなこのくらいガリガリでした。

このときのシェルターは、清潔なマンションの一室でした。
3段ケージやホットカーペット、トイレなど、一般家庭で
猫を飼育するために必要そうなものは揃っています。
そこで、食事やトイレの掃除、人馴れのために遊ぶ
スタッフを募集していたので、ボランティアに行くことにしました。
このシェルターは、現在福島県で活動中のにゃんだーガード
代表が当時名古屋での活動中に準備したシェルターです。

無知な素人の乱繁殖の恐ろしさや、パピーミルについては、
また別の機会に。

全然、ごろにゃんこさんとの出会いについて触れないまま、
つづく(`・∀・´)
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Tail’s Garden. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。